平飼い卵のよくある質問

永光農園の平飼い有精卵についてよくある質問をまとめました。

 

黄身の色がうすいのはなぜ?

平飼い有精卵の黄身は自然な黄色エサに含まれる黄色の色素が少ないためです。永光農園でトウモロコシのかわりに北海道産の米や小麦を使っています。米や小麦にはトウモロコシのような黄色色素が含まれていません。ですから、永光農園の卵の黄身の色は薄いのです。黄身の色は、エサの色素が移行します。永光農園では見た目よりも安心できるものを使いたいと考えているので、黄身の色が薄くなる北海道産の米や小麦を使っています。

 

たまに茶色い粒が卵の中に入っているのは何ですか?

ミートスポット(肉斑)と呼ばれるのもで、食べても害のあるものではありません。見た目が肉のかたまりに見えるのでこのように呼ばれていますが、肉ではなく卵殻の色素がかたまりになったものです。永光農園の卵は茶色の殻なので、茶色いかたまりになります。茶色の卵は白色の卵よりもミートスポットが出やすいです。

たまに卵に血のように赤いものが混ざっていますが何ですか?

ブラッドスポット(血斑)と呼ばれるもので、食べても害のあるものではありません。これは卵のできる過程で、卵管の血管が何らかの理由で破れて血液が混ざるものです。これは、正常な鶏に見られる現象で、病気によるものではありません。

卵はどのように保存したらよいですか?

ご家庭では冷蔵庫で保存してください。卵のとがったほうを下にして保存してください。これは、まるいほうには気室と呼ばれる空気の部屋があるためで、こちらを下にすると、上にあがろうとするためです。

平飼いってどういう意味ですか?

平飼い平飼い(ひらがい)とは平らに飼うという意味で、地面に放して自由に動き回れる飼い方のことです。当たり前のようですが、ケージ飼いがカゴを縦に何段にも積み重ねることに対して、このように呼ばれます。

 

平飼いの卵は何がちがうのですか?

自由に運動できる飼い方をすることで、病気に負けない健康な鶏になるので、生命力のある美味しい卵になります。

有精卵とはどういう意味ですか?

平飼い鶏のオス受精している卵ということです。つまり、温めるとヒヨコになります。一般に売られている卵は無精卵で、温めてもヒヨコにはなりません。有精卵は、オスとメスが交尾をすることで、受精卵になり、産まれます。永光農園では、平飼いでオスとメスが同居しているので、有精卵になります。(すべてが有精卵になるわけではなく、9割ぐらいです)。
※写真はオンドリ

 

有精卵は栄養がありますか?

有精卵と無精卵では成分的な栄養素に違いはないです。ただし、温めてヒヨコになる卵とならない卵のちがいですから、生命力には違いがあると思います。そして、オスとメスが一緒に平飼いで自由に動き回ることがより自然に近い状態だと思うので、永光農園では有精卵にしています。

鶏の種類は何ですか?

鋭いくちばしを持つ鶏「もみじ」という名前の国産の鶏です。岐阜の後藤孵卵場というところが作出している鶏です。茶色の羽毛と質の良いきれいな卵が特徴です。

 

鶏は1日に何個卵を産みますか?

平飼い鶏舎の産卵箱に入って産卵する鶏1日に1個以上は産みません。年をとってくると産卵が減り、2日産んで1日休むようになります。

 

たまに卵が魚臭いことがあるのですが?

エサに魚粉を与えていますが、個体によっては多く魚粉を食べるため、まれに魚粉臭が強く出てしまう卵があります。異常なことではなく、食べても大丈夫です。魚粉臭が強くて食べられないものであった場合、お取り替えいたしますので、お気軽にお申し付けください。

白身が水っぽいことがあるのですが…

夏場は鶏が水をたくさん飲むため、卵白がほかの季節に比べると水っぽくなります。また、年をとってくると卵白が水っぽくなる傾向があります。味は美味しいですが、気になる方は若鶏の卵をお求めください。若鶏の卵についてはお気軽にお申し付けください。

季節によって黄身の色がちがうのですが…

永光農園ではエサに牧草を与えています。牧草にはキサントフィルという黄色色素が含まれているので、黄身の黄色が濃くなります。したがいまして、牧草のシーズンである春から夏にかけては黄身の色が濃くなります。冬は牧草を与えることが出来ないので黄身の色が薄くなる傾向にあります。ただ、冬は中身が凝縮されますので、冬の卵のほうが美味しいとおっしゃるお客様もいます。

双子の卵はありますか?

はい、ございます。卵の産み始めの若鶏に多いです。若鶏は小さな卵を産むので、双子はその中で飛び抜けて大きく見ればすぐに分かります。ただ、絶対数が少ないので、双子の卵をほかと分けて販売はしておりません。双子にあたったらラッキーです。

大きな卵と小さな卵の違いは何ですか?

大きな卵と小さな卵年齢の違いです。若鶏ほど小さな卵を産み、年とともにだんだん大きくなります。

 

大きい卵と小さな卵はどちらがおすすめですか?

卵かけご飯は白身がプルプルの小さい卵が美味しいです。目玉焼きも、こんもり盛り上がる小さい卵が美味しいと思います。ゆで卵は、小さい卵だとむきにくいので、大きい卵のほうがいいです。卵焼きは、大きい卵のほうがふっくらと仕上がるようです。

ゆで卵の上手なむきかたはありますか?

卵の穴あけ器100円ショップでうっている卵の穴あけ器がおすすめです。
こちらの記事をご覧ください > 

 

卵が混ざりにくいのですが、うまく混ざる方法はありますか?

まぜ卵まぜ卵という便利グッズがおすすめです。
こちらの記事をご覧ください>