エサのこだわり

永光農園では、エサは安全性にこだわり自家配合です。より安心して使えるものを探した結果、内容の90%以上は北海道産のものになりました。安全性のほかに、卵の味をより良くするための素材も配合しております。

エサの内容

穀類

北海道産の米
北海道産小麦鶏にとって主食にあたる穀物飼料は100%北海道産。北海道は米と小麦の産地で飼料用のものが比較的安く手に入ります。永光農園では米と小麦を使用。近年では飼料米の普及もあり手に入りやすくなったことから米を使うことが多いです。エサの中で一番配合割合が多く、半分以上はこの穀類。穀類に米や小麦を使うことが、永光農園の平飼い有精卵の黄身の色が薄い理由になっています。

 

米ぬか

北海道産生米ぬか穀類の次に配合割合が多いのが米ぬか。米ぬかは玄米を精米した時に出る種皮で、ビタミンなどの栄養素はこの糠のほうに豊富に含まれています。永光農園では北海道産の生米ぬかを使用。お米屋さんから新鮮なものを直接仕入れています。生米ぬかは酸化しやすいため、こまめに新鮮なものを仕入れるようにしています。生米ぬかも、卵の味を良くすると言われています。

 

魚粉

北海道余市町の魚粉魚粉は動物性蛋白質で、北海道余市町の魚粉工場から新鮮なものを直接仕入れています。魚粉の内容は季節によって旬のものに変わります。例えば、秋は鮭が多く、冬はホッケが多くなります。この工場から直接取り寄せる魚粉は酸化防止剤無添加です。魚粉の成分のイノシン酸は卵にコクと旨味を引き出します。

 

ホタテ貝殻

北海道産ホタテ貝殻ホタテ貝殻は卵殻を形成するためのカルシウム源です。食べたエサの中のホタテ貝殻は速やかに吸収され、次の日には早くも卵の殻に生まれ変わります。平飼いの鶏は、カルシウムの吸収がよく、卵殻が固くまります。このホタテ貝殻ももちろん北海道産。

 

コーングルテンミール

コーングルテンミールコーングルテンミールはトウモロコシからコーンスターチを精製するときに出る副産物でトウモロコシの外皮の部分です。ビタミンAやタンパク質が豊富です。

 

海藻

海藻粉末海藻を乾燥して粉末にしたものです。海藻に含まれるグルタミン酸は、卵の旨味を引き出します。

 

ヨモギ

ヨモギ粉末ヨモギを乾燥して粉末にしたものです。は卵の臭みを消して味を良くします。

 

にんにく

にんにくにんにくは鶏のスタミナ源です。

 

塩鶏にも塩分は必要で、微量、入れています。

 

木酢液

中和作用で鶏の体内をアルカリ性に整えます。また、消臭作用により卵の生臭みを消します。卵の味を良くする効果もあります。

微生物資材

酵母菌、枯草菌、乳酸菌の混合飼料で、消化吸収を助け、卵の臭みを消して味を良くします。