畑でレストラン2019 at 永光農園

6月16日、永光農園の牧草畑で『畑でレストラン』のイベントが開催されました。

『畑でレストラン』はコープさっぽろの企画するイベントで、農家の畑に有名シェフを招き、「畑でレストランをしよう!」というもの。

永光農園は今回で4回目の開催。

イタリアンの『ラ・メーラ』の村上岳夫シェフを招いて、美味しいイタリアンを堪能しました。

このように、畑の上にテントを設置。

畑でレストラン専用のキッチンカーで調理をします。

キッチンカーの中で調理するラ・メーラの村上シェフ。

約40人分の料理をこのキッチンカーの中で腕をふるいます。

テントの下には鮮やかな赤色の持ち運びテーブルとチェアを約40人分、設置。

テーブルの上にはきれいな生花も添えられました。

清田区長の小角武嗣氏も来賓として招かれました。

小角区長はその昔、清田区の有明地区で土壌調査に携わった経験がおありとのこと。

自然豊かな清田区をPRされました。

有明の山里ののどかな風景の中にレストランが出現です。

ラ・メーラの村上シェフのご挨拶。

村上シェフは今回、畑でレストラン初参戦。

本格的なイタリアンを目指されているとのこと。

今回は永光農園の有精卵をたっぷりと使ったメニュー。

他には江別産の野菜や、恵庭さんの豚肉など。

本日のメニュー。

◆ヴィテッロ トンナート
十勝和牛の茹で肉 永光農園卵のツナソース

◆アックアコッタ
江別野菜たっぷりのスープ 永光農園の冷凍卵のせ

◆タヤリン アル ブッロ エ サルヴィア
卵黄と粉で作った極細パスタ セージバター添え

◆アスパラ ジ アル サルサボルツアニーナ コン アッロスト ディ マイアーレ
茹でアスパラのタルタルソース 雪国放牧豚のロースト

◆パンナコッタ ス ブレ ディ フラーゴレ
卵白で固めたパンナコッタ 路地苺のピュレ

◆ブルッティ マ ブオニ
ビエモンテ風ヘーゼルナッツ入りメレンゲの焼き菓子

一品目 十勝和牛の茹で肉 永光農園卵のツナソース

ツナソースに永光農園の卵で作ったマヨネーズが使われています。

濃厚な味でお酒に合いそうです。

パンにのせて食べてもすごく美味しかったです。

二品目 江別野菜たっぷりのスープ 永光農園の冷凍卵のせ

冷凍卵の卵黄が、コリコリと独特の食感。

青菜がたっぷりと入っていて、トマトとオリーブオイルのスープがカリカリのトーストにぴったりでした。

粉チーズをたっぷりかけていただきました。

 

三品目 卵黄と粉で作った極細パスタ セージバター添え

これはとても美味しかった!!

黄身をたっぷり使った生パスタがとても濃厚。

この細さが、なんとも言えない美味しさでした。

初めて食べる味。もう一度食べたい。

四品目 茹でアスパラのタルタルソース 雪国放牧豚のロースト

タルタルソースに卵が使われていて、新鮮な旬のアスパラにとてもよく合いました。

豚肉も柔らかくて、添えられていた生胡椒がすごくよく効いていました。

五品目 卵白で固めたパンナコッタ 路地苺のピュレ

卵白を使われているということで、卵の黄身も白身も無駄なく使われていてすごいですね。

ふわふわの食感がとても美味しかったです。

うちでも作ってみたいな。

最後 ビエモンテ風ヘーゼルナッツ入りメレンゲの焼き菓子

こちらも卵白を使ったお菓子。

こちらはカリカリと香ばしい食感。

コーヒーにとてもよく合いました。

最後、お客様に挨拶する村上シェフ。

笑顔から料理が大好きなんだなと伝わってきますね。

当日は悪天候が心配されましたが、直前に雨がやみ、とても楽しいイベントとなりました。

お客様も満足されたようです。

最後に永光農園の卵をお土産でお持ち帰り、お開きになりました。

気持ちの良い自然の中で、美味しいお料理を満喫しました。

来年もまたやりたいですね。

2019-06-18 | Posted in 催事情報, 卵のこと, 新着情報No Comments » 

関連記事

Comment





Comment