新着情報

クリスマスのイルミネーション取り付けました。

コッコテラス クリスマスのイルミネーション

昨日コッコテラスにクリスマスのイルミネーションを取り付けました。

あまり凝ったものではないのですが、そこそこいい感じになりましたよ。

ただ、思ったよりお金がかかってびっくりしました。

クリスマスのイルミネーションに凝ってるお宅ありますが、あれはよっぽどお金がかかってるんでしょうね。。

 

クリスマスのイルミネーションの設置方法

クリスマスのイルミネーションはジョイフルエーケーで購入。

ジョイフルエーケーで買ったクリスマスのイルミネーション

こちらですね。

yamatoというメーカーのLEDラタン100球6mという商品です。

これのゴールドと藤色を2つづつの4個買いました。

これが、ひとつ7,000円ぐらいします。

高っ!(笑)

 

クリスマスイルミネーション コントローラー

で、これがコントローラーで16種類の点滅が選択できるようになってます。

まあ、つきっぱなしのやつしか使わないから意味ないんですけどね。。

このコントローラーが各商品にひとつ付くんですが、箱の裏の説明を読むと、つなげて使う場合はコントローラーはひとつでいいと書いてあるんですよ。

だから店員さんに、コントローラーがついていない接続専用のやつはないんですか?と聞いたら、あることはあるが取り寄せになるとのこと。

だいたいは何個かつなげて使うのが普通の使い方だから、接続用のやつが置いていないのはおかしいなあ、といろいろ話していたら、コントローラーの部分を取って、1,000円引きで売ってくれることになりました。

4個のうち3個がコントローラーいらないから、3,000円安くなりました(笑)

でも、結局4個買って25,000円ぐらいか。。

やっぱり高っ!!

 

クリスマスのイルミネーション コネクト

これがつなげるためのコネクターの部分。

雨にあたっても大丈夫なようにちゃんと防水になってます。

 

クリスマスイルミネーション 先端部分の設置部分

今回は先っちょの部分を、店のオーニング(日除け)の金具の部分にちょうどいい引っ掛ける部分があったので、そこに針金とフックで吊るすことにしました。

 

クリスマスイルミネーション 床の取り付け部分

広がった部分はテラスの床のデッキ部分に木ねじをねじ込み、針金でくくりつけて固定しました。

 

クリスマスイルミネーション 全体図

こんなふうに底の部分が半円状になるように床に固定して、頂点から放射状になってクリスマスツリーをイメージした形になるようにしました。

 

クリスマスイルミネーション 夜の様子

夜はこんな感じ。

あまり派手ではないけど気に入ってますよ。

 

というわけで、このクリスマスイルミネーションを眺めながらカフェでほのぼのしていってください。

 

2014-11-23 | Posted in 農園のことNo Comments » 

 

コッコテラスの店内のご案内

コッコテラス 店を入ってすぐ

コッコテラスはうちがやってる卵とスイーツとカフェの店です。

2014年4月16日、札幌清田区有明の永光農園の敷地内にオープン。

農水省の6次産業化整備事業の認可を受けた施設です。

 

コッコテラスは6次産業の施設

ちなみに6次産業とは、1次産業×2次産業×3次産業=6次産業というわけで、うちみたいに卵を生産してその卵を使ってシュークリームやシフォンケーキを作って直売店で販売するみたいな業態の事を言います。

いま、国が一生懸命この農業の6次産業化推し進めているんです。

うちはたまたま自分のやりたいことと国が推進する方向がピタリと合ったものですから、ありがたくこの補助事業(国から補助金がもらえる)を活用させていただきました。

今日はまだコッコテラスにいらしたことのない方のために店内の様子をご案内します。

 

コッコテラスのエントランス

コッコテラスのエントランスです。

ドアにはロゴマーク。

店内随所にこのようなニワトリやヒヨコをあしらったデザインが散りばめられています。

このデザインは寺島デザイン森川さんです。

ちなみに、最初野のドアのサインはこげ茶色だったのですが、こげ茶色だと全然目立ちませんでした。

店内のほうが外より暗いので、暗い色だとぜんぜん見えないんですね。

というわけで白に変えてもらいました。

 

コッコテラス 卵の陳列棚

入ってすぐのところで永光農園の平飼い有精卵が置かれています。

いつも新鮮な卵を買えますよ。

 

卵用醤油

醤油も置かれています。

右の大きい醤油はとてもおいしい醤油です。

隣のそば屋「農園の四季」でつゆを作るのに使われている良い醤油です。

この醤油で卵焼き食べたら美味しいですよ。

そのとなりは卵かけご飯専用醤油「おたまはん」です。

上はハーブソルト。

これも大変美味しいお塩です。

コッコテラスのカフェでスープやサラダの味付けに使ってます。

ローズマリー、タイム、ジンジャーの味があります。

これ、洋風のスープを作るとき、味が一発で決まるのでおすすめです。

 

コッコテラス たまご屋さんのシフォンケーキ

はい、ズラリと並んだ永光農園名物「たまご屋さんのシフォンケーキ」

うちに来たらシフォンケーキだけは食べていただきたいですね。

絶対の自信作ですから。

絶品ですヨ!

 

コッコテラス シュークリーム サクサクカスタード

ショーケースは2台あって、こちらはシュークリーム、サクサクカスタード、プリンなどが置かれています。

奥に見える黄色いバッケンのオーブンで焼きたてをお出ししています。(シュークリームとサクサクカスタード)

 

コッコテラスのカフェ

売り場からカフェのほうを見たところです。

卵の色である黄色を基調としたインテリアです。

外ののどかな田園風景もよく見えます。

 

コッコテラス カフェのサイン

カフェのサイン。

コーヒーカップがタマゴ型になってます。

これも森川さんのデザイン。

店のサイン類のデザインはすべて森川さんです。

 

コッコテラス ヒヨコの足あと

カフェの入口の床。

ヒヨコの足あとです。

楽しいでしょ?

 

コッコテラスの黒板

コッコテラスのメニュー黒板です。

じつはコレも森川さん。

自分ではこんなセンスよく書けませんからね。

 

コッコテラス トイレの入り口

トイレの入口のサインもニワトリで(笑)

 

というわけで、こちらからは以上です(笑)

 

 

永光農園の忘年会

bounenkai

写真小さくてすみません(笑)

写りたくないっていう社員もいるもんですから。。

この大きさなら誰かわかりませんよね?

さて、昨日ちょっと早いけど会社の忘年会やりました。

場所は南郷のアサヒビール園ロイン亭の食べ放題です。

全部で15人でしたよ。

都合が悪くて参加できなかったのが2名。

今年の4月にコッコテラスがオープンして新しい社員が増えてからは初めての集まりです。

うちは「コッコテラス」の部門と「養鶏」の部門がわかれているので、同じ農園内だけど名前と顔が一致せず、ほとんど話したこともない人同士もいたので、一人づつ簡単な自己紹介をしました。

今頃ですけど。。(笑)

それでも、以前と比べたらまだマシです。

前は直営店が5店舗あったので、こうして集まると初対面の人がたくさんいたものです。

それに、各店舗無休でしたので、集まること自体が難しかった。

コッコテラス1店舗に集約してからは、スタッフ同士のコミュニケーションも向上しました。

昨日は5時にコッコテラスを閉めて、それから各自いったん帰宅してから7時に集合でした。

テナント出してた頃は閉店時間が9時とかでしたから。

 

さて、忘年会にはうちの奥さんと娘も参加でした。

奥さんはずっと美容室を自営してたんですが、10月で閉めて今は農園の仕事を手伝ってます。

娘は皆の関心を一点に集めて人気でした。

小さい子がいるとそうなりますね。

 

食べ放題だったので、お腹いっぱい食べられていい忘年会でしたよ。

 

 

2014-11-21 | Posted in 新着情報No Comments » 

 

【終了しました】クリスマスシフォン予約承り中です。

永光農園のクリスマスシフォンケーキ2014

恒例 永光農園のクリスマスシフォンケーキ 予約始まっております。

こちらは17cmのホールのバニラシフォンがベースです。

店頭でホールシフォンとして売っている大きさですね。

カットのシフォンに換算すると、だいたい5つ分の大きさです。

したがいまして、5人分ということになりますが、このクリスマスシフォンはさっぱりめの味付けですので、2人でもペロッと食べてしまえるぐらいの口当たりの良さです。

シフォンケーキはたいへん柔らかく出来ておりますので、なかに苺と生クリームはサンドしておりません。

販売する当日に作りますので、フレッシュな美味しさを味わっていただけます。

生クリームは無添加のものを使用。

シフォンケーキももちろん無添加ですので、

小さなお子様でも安心して美味しく食べていただけると思います。

店頭での引き渡しのみとなります。

お値段もたいへんお得感があると思います。

 ご予約はコッコテラスまで

電話 011-886-7204

コッコテラスのホームページはこちら

 

今年のクリスマスはこのケーキで美味しく楽しく過ごしてはいかがでしょうか?

 

2014-11-18 | Posted in シフォンケーキNo Comments » 

 

【終了しました】ブッシュ・ド・ノエル予約開始

ブッシュ・ド・ノエル

永光農園では今年のクリスマスはブッシュ・ド・ノエルを作ります!

本日から予約開始しましたよ〜

こちらまでお気軽にお電話ください!

店頭での引き渡しとなります。

 

予約電話

コッコテラス 011−886−7204(10時から17時まで)

 

ブッシュ・ド・ノエルの価格

2,500円

 

永光農園のブッシュ・ド・ノエルの特徴

ご存知だとは思いますが、ブッシュはフランス語で丸太、ノエルはクリスマスの意味です。

クリスマスの丸太ということで、雪景色のなか暖炉で赤々と燃え盛る薪の情景が思い浮かびます。

 

永光農園のブッシュ・ド・ノエルは、ロールケーキにチョコレートクリームを塗り、ラズベリーとブルーベリーでデコレーション。

 

ロールケーキの生地は、永光農園の有精卵をたっぷり使用。

ふわふわに泡立て全卵に小麦粉と砂糖だけを混ぜあわせて焼き上げたスポンジです。

シンプルな素材で作った、しっとりフワフワのとても美味しい生地です。

 

なかの生クリームはタカナシの無添加純生クリーム35%を使用。

ミルキーな味わいで、さっぱりした美味しさはいくらでも食べられそう。

 

チョコレートクリームとラズベリーとブルーベリーの酸味との相性も抜群です。

 

安心な素材で作った素朴でシンプルな味わいは、小さなお子様に大変喜ばれることと思います。

 

永光農園の工場長が腕をふるって作る力作。

 

わたしはこの素材の良さが生かした味わいが、なんとも美味しく大好きです。

 

ぜひお試しください!!

 

2014-11-15 | Posted in ロールケーキNo Comments » 

 

「平飼い」に永光農園がこだわる理由

平飼い鶏舎 内部

平飼いとは

平飼いとは、鶏を地面に放して飼う養鶏の方法です。 平飼いでは、鶏は地面を自由に動き回りることができます。 よく運動することで健康になる。 これは人間も鶏も同じですね。 「美味しい卵は健康な鶏から産まれる」 そう思います。 だから、永光農園は平飼い。

 

平飼いとケージ飼い

ケージ飼い鶏舎内部
ケージ飼いWikipediaより

ケージ飼いとは

一般にスーパーで売られている卵はケージ飼いという飼い方の卵です。 ケージ飼いとは、ケージ(鳥かご)に鶏を入れて飼う飼い方。 ケージ飼いは上の写真のように、何段にも重ねて飼うのが一般的。 このように、ケージ飼いのメリットは、

  • 少ない面積で多くの鶏を飼うことができること。
  • 餌やりや集卵などの管理がしやすいこと。
  • したがって、大量生産できることです。

こうして、価格の安い卵の生産が可能になったんですね。

↑ケージ飼いの動画

 

平飼いのメリット

平飼いで自由に地面を動き回る鶏

平飼いで自由に地面を動き回る鶏大量生産により価格を安くできるケージ飼いですが、ケージ(鳥かご)に閉じ込めることにより、鶏は十分に運動することが出来ません。 そのため、どうしても体に無理がかかり、薬剤や抗生物質などに頼りがちになります。 それに対して平飼いは上の写真のように、鶏たちは広々とした鶏舎の中を自由に動きまわり、好きなだけ運動するので、病気に強い丈夫な体になります。 薬剤に頼らないでも大丈夫な丈夫な体になるんですね。 このことが、鶏を飼育するうえで一番大切なことであると、私は考えています。 平飼いの欠点は、飼育密度が低く、生産コストがかかること。 手間もかかります。 ケージ飼いのような大量生産はできません。

だけど永光農園はこの手間のかかる平飼い養鶏にこだわっています。

 

↑永光農園の平飼い鶏舎の中を自由に動き回る鶏たちの動画

 

開放鶏舎とは

地面で十分に運動すること。 これが一番大事なことだと思ってます。 でも、このほかにもまだ大切なことがあるんです。 それは新鮮な空気、そして日光。 そのため永光農園の鶏舎は開放鶏舎です。 開放鶏舎とは、外から新鮮な空気と日光が自由に入り込む鶏舎のこと。

平飼い鶏舎 外観

ウィンドレス鶏舎とは

開放鶏舎とは対照的に、大規模養鶏で主流なのがウィンドレス鶏舎。 ウィンドレス鶏舎とは病原菌などが入りこまないように外界から遮断した鶏舎です。 文字通り窓がない(ウィンドレス)鶏舎。 そのため日光は入らず、明かりは昼間でも照明を点けます。 また、換気は強制換気といって、換気扇によって空気を取り入れる人工コントロール。

ウィンドレス鶏舎の内部

 

開放鶏舎のメリット

それに対して開口部が大きく開いているのが開放鶏舎。 だから、空気が大きく流れ、鶏舎内は常に新鮮な空気で満たされます。 また、日光が鶏舎内部まで入り込みます。 中の鶏たちは、ほとんど外にいるのと同じ環境で過ごします。 新鮮な空気をたっぷり吸って、日光浴をする。 このような自然の中にいるのと近い環境が、ストレスもなく、鶏の健康に大変良いのです

開口部が大きく開いた永光農園の鶏舎

結論

効率が悪く、コストも高くなる「平飼い」養鶏ですが、「美味しい卵は健康な母鶏から産まれる」と考えたとき、ベストな方法だと考えているので、永光農園は「平飼い」にこだわっています。

 

2014-11-09 | Posted in 鶏のことNo Comments » 

 

【終了しました】栗のパンケーキ11月末まで!

栗のパンケーキ

コッコテラス・カフェの大好評季節限定メニュー

栗のパンケーキは11月末で終了します!

贅沢にフランス産のマロンクリームをたっぷり使ったモンブランのようなパンケーキです。

栗の濃厚でコクのある味わいがとてもいいです。

2ヶ月ほど前、うちがお世話になっている問屋さんが、フランスのマロンメーカーさんを紹介してくれました。

担当者はわざわざ本国から日本へ営業活動にやってきたフランス人の方。

顔が小さくて、立ち居振る舞いなど、いかにもフランス人らしさを醸しだしてました。(余談ですが…)

そして置いていったフランス産のマロンクリームのサンプル。

これがすごく美味しかった!!

というわけで、コレ使ってパンケーキ作ることに決定。

うちは、なるべく国産のものを使うようにしているのですが、そこにこだわりすぎてはいません。

美味しいものは使います、外国産でも!

もちろん、安いから、というだけの理由で外国産のものを使うことはありませんが…

外国産でも、こだわって作っているものはたくさんありますからね。

そういうものは使おうと思ってますよ。

このマロンクリーム、うちの生クリームとカスタードクリームとも相性バッチリ

もちろん、カスタードクリームはうちの卵で作った手作りですし、生クリームはタカナシの35%です。

このタカナシの生クリームは、ハーゲンダッツにも使われている、とても美味しい生クリームなんですよ。

しかも、35%はあっさりめでミルキー感たっぷり。

生クリームのクドさが苦手な人もイケます。

ただ、このタカナシの生クリームはそのへんで手にはいらないのが難点。

原料は北海道の浜中町の生乳を使うんですが、作ってるのは本州なんです…

なんで浜中町の生乳を使うのかメーカーに聞いたら、浜中町の生乳はよその地域と比べてとりわけ味がいいそうです。

なんか、気候とか、潮風のためらしいです…

ちなみに、世界中で作られているハーゲンダッツのアイスクリームの中で、この北海道の浜中町の生乳で作られた日本のハーゲンダッツは、

世界で一番美味しいそうです

ま、メーカーの話ですけどね。

というわけで、話が脱線しましたけど、それだけ美味しい生クリームってことです(笑)

 

11月限定の栗のパンケーキ、期間中にぜひお召し上がりくださいね〜

 

【予告】

そろそろ九州産の苺の美味しいのが出る時期になったので、しばらくお休みしていた苺のパンケーキやりますよ〜

クリスマスらしいパンケーキになる予定です!

乞うご期待!

 

2014-11-08 | Posted in パンケーキNo Comments » 

 

朝日新聞掲載!「畑でレストラン」

IMG_1744.JPG

おはようございます!

ちょっと前のことですが、朝日新聞にうちの農園で開かれたコープさっぽろの「畑でレストラン」の記事が掲載されました。(10/13)

「畑でレストラン」は、人気店のシェフが生産者のもとに出張し、その生産者が育てた野菜や肉、卵などを使ってその場で料理しもてなすというものです。

今年で3年目で、うちも毎年参加させていただいてますよ。

今年はパークホテルの土谷シェフで、とても素晴らしい料理で、家族でご馳走になり、大満足でした。

参加されたかたも、とても喜んでる様子でした。

食事の前には農園の見学もあり、うちの卵の特徴など説明させていただきましたが

楽しいイベントでした!

こちらは朝日新聞さんの臨場感たっぷりの動画です!

2014-10-21 | Posted in メディア情報No Comments » 

 

1 5 6 7 8 9