コッコテラスの店内のご案内

コッコテラス 店を入ってすぐ

コッコテラスはうちがやってる卵とスイーツとカフェの店です。

2014年4月16日、札幌清田区有明の永光農園の敷地内にオープン。

農水省の6次産業化整備事業の認可を受けた施設です。

 

コッコテラスは6次産業の施設

ちなみに6次産業とは、1次産業×2次産業×3次産業=6次産業というわけで、うちみたいに卵を生産してその卵を使ってシュークリームやシフォンケーキを作って直売店で販売するみたいな業態の事を言います。

いま、国が一生懸命この農業の6次産業化推し進めているんです。

うちはたまたま自分のやりたいことと国が推進する方向がピタリと合ったものですから、ありがたくこの補助事業(国から補助金がもらえる)を活用させていただきました。

今日はまだコッコテラスにいらしたことのない方のために店内の様子をご案内します。

 

コッコテラスのエントランス

コッコテラスのエントランスです。

ドアにはロゴマーク。

店内随所にこのようなニワトリやヒヨコをあしらったデザインが散りばめられています。

このデザインは寺島デザイン森川さんです。

ちなみに、最初野のドアのサインはこげ茶色だったのですが、こげ茶色だと全然目立ちませんでした。

店内のほうが外より暗いので、暗い色だとぜんぜん見えないんですね。

というわけで白に変えてもらいました。

 

コッコテラス 卵の陳列棚

入ってすぐのところで永光農園の平飼い有精卵が置かれています。

いつも新鮮な卵を買えますよ。

 

卵用醤油

醤油も置かれています。

右の大きい醤油はとてもおいしい醤油です。

隣のそば屋「農園の四季」でつゆを作るのに使われている良い醤油です。

この醤油で卵焼き食べたら美味しいですよ。

そのとなりは卵かけご飯専用醤油「おたまはん」です。

上はハーブソルト。

これも大変美味しいお塩です。

コッコテラスのカフェでスープやサラダの味付けに使ってます。

ローズマリー、タイム、ジンジャーの味があります。

これ、洋風のスープを作るとき、味が一発で決まるのでおすすめです。

 

コッコテラス たまご屋さんのシフォンケーキ

はい、ズラリと並んだ永光農園名物「たまご屋さんのシフォンケーキ」

うちに来たらシフォンケーキだけは食べていただきたいですね。

絶対の自信作ですから。

絶品ですヨ!

 

コッコテラス シュークリーム サクサクカスタード

ショーケースは2台あって、こちらはシュークリーム、サクサクカスタード、プリンなどが置かれています。

奥に見える黄色いバッケンのオーブンで焼きたてをお出ししています。(シュークリームとサクサクカスタード)

 

コッコテラスのカフェ

売り場からカフェのほうを見たところです。

卵の色である黄色を基調としたインテリアです。

外ののどかな田園風景もよく見えます。

 

コッコテラス カフェのサイン

カフェのサイン。

コーヒーカップがタマゴ型になってます。

これも森川さんのデザイン。

店のサイン類のデザインはすべて森川さんです。

 

コッコテラス ヒヨコの足あと

カフェの入口の床。

ヒヨコの足あとです。

楽しいでしょ?

 

コッコテラスの黒板

コッコテラスのメニュー黒板です。

じつはコレも森川さん。

自分ではこんなセンスよく書けませんからね。

 

コッコテラス トイレの入り口

トイレの入口のサインもニワトリで(笑)

 

というわけで、こちらからは以上です(笑)

 

関連記事

Comment





Comment